本当に時間も場所もない人へ いつでもできる筋トレ ドローイングを紹介します!

健康

こんにちは、脳筋トレーニーのえびしゅ~まいです。

ここ1か月、筋トレを毎日、毎日、毎日続けていたところ、あることを考えるようになりました。

「もっとバキバキになりたい。腹筋にカットが欲しい!」

でも、腹筋ばかりにそんな時間はかけられない・・・・
社会人だもの。

こういうときは、隙間時間を活用するのがいいですよね!

そんな時に出合った本がこちら!

「30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド」著者:井上美緒(2009)

オススメポイントは以下の2つです!

誰にもばれずに、どこでも、こっそりできる!

スマホがあるおかげで、隙間時間をつぶすことには苦労しなくなった今日この頃ですね。

僕も、しょっちゅうスマホをいじってしまします。

よく見ているのは「健康系」が多い気がします。

見た目は30、心は60!(名探偵〇ナン風)

でも、その時間のつぶし方に+アルファできるなら、しない手はなくないですか??

想像してみてください。

信号待ち、スマホを取り出すあなた

さあ、どこが使えますか?

そう、あなたのお腹です!!(ル〇ン三世風)

基本は、背筋を伸ばして、お尻の穴を閉じるように力を入れて、お腹を凹ますだけ。

信号待ちで、周りに人がいても、ほぼ気づかれることはないでしょう!

いくつかバリエーションが準備されている

僕がたびたび使っているメニューは基本メニューお他に2つあります。

背中に効かせて、姿勢がよくなるメニュー

一つ目は、本書のP74にあるメニューです。

待っすぐ立って、両肘を後ろに引いてくるようなメニューなのですが、姿勢がぐっと良くなります。

デスクワークをする方って、結構、猫背の方が多くないですか。

僕、結構、重症なんですよ(´;ω;`)

猫背の上に、首が前に出てるパターン。

筋トレを始めてから、少しずつ改善されている気はします。

トレーニングをしている方はわかると思いますが、

デッドリフトも、スクワットも、どれもこれも姿勢を意識しないとケガにつながりますから、いやでも(←いやじゃないけど)意識しますよね。

背中のドローインをすると、背筋がすっとなるようで、デスクワークの合間にやるのにちょうどいい感じです。

座っているときにできるメニュー

本書のP74にあるメニューです。

机に肘をついて、上腕の前面で机を押して、腰を浮かせるようなメニューです。

足先を地面について支えてあげると、ちょうどいい負荷に調整できるのがグッドですね。

デスクワーク後、休憩に入る前にやった方がいいですね。

机に座ってからすぐにやったら、余計、猫背になりそうです💦

学生とか、これやると、いいかもしれないですね!

授業中、とんでもない睡魔に襲われることってあるじゃないですか。

サラリーマンなら、ちょっと立って屈伸したりできるけど、学校の授業中って、なかなか立ち上がるのはハードル高くないですか?

このメニューなら、座ったままできるし、結構負荷もかけられるから、眠気覚ましにもきっと効果がありますよ!

まあ、僕はコーヒーのみに行っちゃいますけどね(*´▽`*)

まとめ

ドローインは器具がないときのトレーニングとして、隙間時間を有効に活用できるメソッドだと思います。

これに、スロートレーニングを組み合わせたりすると、より効果的なのかな、と感じました。

ロングブレスと比較しても面白いかもしれませんね。

ただ、やはり真剣にトレーニングに取り組む時間を週2回30分ずつでも捻出することが、筋力アップ・筋量アップには必要です。

あくまで、隙間時間の活用という意味で、ドローインはオススメします!

参考になれば、幸いです!

最後まで読んでくれてありがとうございます。
また、見に来てください!

その他の書評はこちら

「伝え方が9割」→https://tokudy.com/book-review1/

「発注いただきました!」→https://tokudy.com/book-review2/

「いつまでもデブと思うなよ」→https://tokudy.com/book-review4/

「一生太らない体のつくり方」→https://tokudy.com/book-review5-slowtraining/

「脳を鍛えるには運動しかない!」→https://tokudy.com/book-review6-brain-training/

コメント

タイトルとURLをコピーしました