相手のニーズは自分の利益~臭いパパには風呂~

投資

こんにち、脳筋駆け出し投資家のえびしゅ~まいです。

ビジネスにも興味があるのですが、僕の勤めている会社は副業禁止なのでイメージトレーニング(妄想?)ばかり膨らむ毎日です。

どういうことを考えたら、人は喜んでお金を落とし、しかも満足してくれるのだろうか。

口コミ効果がすごいですから、満足度って大切ですよね。

今日の出来事

今週は、結構タフな一週間でした。

エナジードリンクのMONSTARとREDBULLに大変お世話になりました。

今日は週の終わりってこともあり、疲れもピークでした。

帰宅直後、疲れてリビングで横になっていました。

くたくたです。(筋トレのせいもありますが・・・)

しばらくすると・・・

嫁「えびしゅ~、お風呂入ったら?

風呂からは子供たちのはしゃぎ声が。

僕(一人でゆっくり入りたいなぁ)「もう少し休んでから行くね

しばらくして・・・

嫁「えびしゅ~、汗臭いよ。お風呂入ったら?」

僕「疲れているから、一人で入りたいなぁ」

さらにしばらくして、子供が風呂から上がると

嫁「えびしゅ~、お風呂空いたよ。入ったら?」

僕「よーし・・・、行こうか。」

のそのそと風呂に行くと、お湯が汚い・・・。

僕(最後だから仕方ないよなぁ)

お湯を抜いて、新しいお湯をはりなおす。

その間に、入浴剤を探すけど見つからない。

僕(入浴剤はなくてもいいかぁ)

そして風呂に入ったのでした。

嫁と僕、双方のニーズは?

嫁の希望:早く風呂に入ってほしい

それはそうですよね。

臭いんだもん。

30過ぎのおっさんだもん。

自覚あるよ。あるんだけど、動けないのよ。

僕の希望:疲れを取りたい

帰宅した後もいろいろやりたいことがあるんですぅ。

だから疲れをとりたいんですぅ。

子供と一緒に風呂に入るのもいいけど、今日は休養を取りたいんですぅ。

子供とガチャガチャしながら風呂に入った後、僕は更に疲れてますよぅ!

結果

動くかどうかを決めるのは僕。なので、入浴は遅くなりました。

臭くてごめんね。

ビジネス(集客)に置き換えると

お客様目線が大事

嫁が店側、僕がお客とすると・・・

店側の希望(店に来てくれ!買ってくれ!使ってくれ!)をごり押ししてもお客には響かないってことになります。店側の付ける理由(「臭いから」「キレイになってほしいから」)がお客のニーズ(「疲れを取りたい」)に合っていなければお客は動かないでしょう。

逆に、「疲れたパパのために、お風呂準備したよ。ヒノキの入浴剤もあるけど使う?お風呂上りにはビールもあるからね」なんて言われた日には、すぐに入っちゃいますよ。(単純?💦)

お客が何を求めているのかイメージする力が大事

お客のイメージを具体的に持たないと、求めているものも具体化できないですね。

今日の僕なんか、疲れた会社員の典型じゃないですか。

イメージというか、実物・・・

そうすると・・・

くたくたに疲れた会社員は、ゆっくりできる風呂心も癒す入浴剤風呂上りのビール体の芯から疲れを取り除くマッサージチェア驚くほど軽い羽毛布団程よい硬さのベッドリモート飲みができYoutubeが見れるネット環境ニーズなんじゃあないかなぁ。

お酒を飲まない人は、アロマとかいいかも。とにかく癒されたい。

プランからすると宿泊施設になりそう。

というところでしょうか。

僕の住んでる町にはそんなニーズを満たせる宿泊施設ないなぁ。

想定するタイプのお客がどれくらいいるかも大事

くたくた会社員が街に僕1人しかいないなら、商売あがったりですね。

ターゲットは多ければ多いほど、チャンスも多いですね。

要調査ですね。(どうやったらできるかなぁ・・・)

お客にサービスの価値を理解させることも大事

価値のないサービスには1円だって払いたくないですからね。

「まさに僕の求めていたサービスだ!」と思わせれば、、、売れる!

難しいですね・・・。低価格お試し期間を設けて、利用者に口コミで拡散してもらうとか?

疲れてそうで、かつ価格帯に見合う収入のありそうな人に、お試しさせるのもよさそうですね。

店の名前もコンセプトが伝わりやすいほうがいいでしょうね。

他にもいろいろ手段はありそうですね。

更に踏み込んで

「北風と太陽」という話がありますね。

旅人のコートを脱がせる勝負をするという、ハレンチなお話ですね。

結果、太陽が「脱ぎたくなるような状況」を作りだして見事勝利するんですよね。

あれって、すごいですよね。

お客様のニーズ(「涼しくなりてぇ」)をお店側が意図的に作っちゃうってことですよね。

お腹すいてないお客に、「オラ、腹減ったぞ。しかもカレーうどんが食べたいぞ」って思わせてご入店、的な。

カレーうどん、においにつられますよね。本能に訴えるような。

相手に悟られず、本能に訴えかける集客ができれば、間違いなく強いですね。

よし、これを「えびしゅ~集客理論」と名付けよう!!まだ、未完ですが・・・

では!

最後まで読んでくれてありがとうございます。
明日もまた、見に来てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました