人気資格FPってどうなの?FP2級通信講座終了者が感想をお伝えします。

投資

こんにちは、脳筋トレーニーのえびしゅーまいです。

皆さん、FPという資格をご存じですか?

よめ
よめ

知ってる!フィナンシャルプランナーのことでしょ!?

えびしゅー
えびしゅー

その通りです!

筆者については、ユーキャンでFP2級の講座を受講しまして、ライフプランニングなどの試験を受けて終了認定証をいただきました。

えびしゅー
えびしゅー

終了認定証はいただきましたが、結局、本試験は受けずじまいです。

まあ、FP2級の内容はしっかり学んだということで(笑)

そんな筆者がFP2級(程度)の知識を手に入れて思うところをまとめてみたいと思います。

今後、FPの勉強を始めようと考えている方の参考になれば幸いです。

FPってなんなの?

FPは個人の資金計画をプランニングする能力があることを証明する国家資格です。

個人の資金計画というとちょっと難しそうですが、計画的にお金を貯めて、運用して、使えるようになりましょうという感じです。

ところで、人生の3大支出ってご存じですか?

そう!

教育資金、住宅資金(不動産取得)、老後資金です。これもFPで学びます。

その他にも、結婚資金、車の購入資金、年に2回の旅行資金など普段の衣食住にかかるお金に加えて多くのお金が必要になります。

各種税金や保険などもありますね。

これらの支出に関する法律や各種制度などを幅広く学ぶことができます。

一方、収入に関しては株式投資や投資信託などの金融資産運用などについて学習することができます。

FPについて学ぶことは、収入と支出と投資を学んでプランを作れる知識を身に着けるってかんじです。

えびしゅー
えびしゅー

FP2級だと、収支バランスの崩れた方に対して、保険を見直すとか、インデックス投資を開始するとか、5年に1度の車の購入を7年に1度にするなどの資金計画の見直しでバランスを改善するアドバイスをすることができるようになります。

FP2級を取得してみて

FPの制度などは他のサイトでも確認できるので、僕がFP2級程度の知識を取得して個人的に思うところをお伝えしたいと思います。

FP2級を取って良かったこと

他業種の方との会話に使える

FP2級は、不動産、株式投資、保険、相続など非常に幅広く学習することになります。

結果として、幅広い業種の人との会話のきっかけをつかむことができるようになりました。

えびしゅー
えびしゅー

例えば、保険屋さんと話をするときに、「保険料って、「費差益」「死差益」「利差益」に影響を受けるんですよね?でもあれってどうやってきめているんですか?」など、相手のフィールドで話をすることができます!

生命保険の三利源なんですが、普通に生活していたら知らないですよね。2級ではこういった単語を学ぶこともあります。

不動産なら建ぺい率と容積率とか、教育資金なら第一種奨学金とか・・・

まあ、2級程度では各分野に関する深い知識はありませんが、会話のネタ(質問)にすることはできます

無駄な出費を回避できる

僕はFP2級をとったあと、自分の保険の見直しをしました。

というのも、FPで高額医療費制度(公的保険制度)というのを学んだため、無駄な保険料は払いたくないなと思ったからです。

えびしゅー
えびしゅー

他人にアドバイスするための資格ですが、保険屋さんや銀行員ではないのでなかなか機会はありません。ですが、自分の資金計画の修正には役立ちます

保険屋さんに無駄な保険を進められても、「それ、僕の年齢や家族構成に対しては過大な保険だと思いますよ。必要ないですよ。」と切り返すこともできます!保険屋さんでも高額医療費制度を知らない人もいるから・・・・。

長期的な資金計画を持つことができる

結婚して子供ができたので、「将来、どのタイミングで、どれくらいのお金が必要になるのか」、「どうやれば収支バランスを保てるのか」という長期的な視点で資金計画を見つめることもできるようになりました。

えびしゅー
えびしゅー

長期的な計画があれば、「予定より貯蓄が少ないからもう少し出費を抑えよう」などの修正がかのうです!

お金を増やすチャンスが増える

僕の場合、特に不動産に対して興味がわきました。

不動産って、値段がついているようでいてついていないのをご存じですか?

えびしゅー
えびしゅー

不動産は売主さんと買主さんがお互い納得した価格で取引されるのです!

なので、同じような土地が安値で取引されたり、高値で取引されたりすることがあります。

でも、一般の方には基準となる価格が分からないですよね。なので、高いか安いかも判断がつきません。

FP2級を学ぶとこれが分かるようになります!!

また、土地によっては様々な制限がつくことがわかるので、値段交渉の良い材料になります。

えびしゅー
えびしゅー

つまり、ぼったくられにくくなり、安く不動産を購入できるチャンスも増えるってことです!

ただ、FP2級をの知識だけでは足りない部分も多いです。宅建の勉強をしたり、実践かねて不動産屋に通ってみる必要があります。

結果、僕は投資用不動産を購入するに至りました。

えびしゅー
えびしゅー

相場より安く購入できました!

FP2級講座を受講して悪かったこと

昇給にはつながらない(僕の場合)

繰り返しになりますが、僕は不動産屋でもなければ、保険屋や銀行員でもないので、FPが昇給につながることはありません。

えびしゅー
えびしゅー

本当かどうかはわかりませんが、FP2級の資格手当は月1~2万円が相場らしいです!関連業種の方は、取得すれば数カ月で元が取れるのでメリットが大きいですね!

資格の取得に至っていない(僕の場合)

通信講座の終了検定は合格しました。しかし、結局のところ試験を受けていないので、資格の取得はしていません(笑)

よめ
よめ

受講料をドブに捨てたようなものだね!

えびしゅー
えびしゅー

いえ!知識は身についていますし、生活に活用しているので、決してそのようなことはありません💦

通信講座は費用が高い

ユーキャンのFP2級講座は、講座終了試験に合格すると3級を合格していなくても、2級の受験資格がもらえます。ただ、高い・・・6万円くらいする・・・・

もしも、資格には興味ないけど、FPの学習内容には興味があるっていう人がいたら、書店のFP2級テキストなどでも十分知識は学べますよ。

えびしゅー
えびしゅー

テキストなら数千円で手に入るし、3級を取得することで2級の受験資格が手に入るから割安です。

FP3級程度は「社会人として知っておくべきお金の素養」くらいに考えてもいいくらいかもしれませんね。

3級はテキストでも十分合格できる難易度です。FP3級をテキスト(独学)で勉強し、さらにステップアップしたいと思ったらFP2級にテキスト(独学)挑戦するのが予算的にオススメです。

FP2級に対する世間の誤解

これも僕の個人的な感想ですが、「FPを持っている=お金のスペシャリスト」という認識は、ほぼ誤解だと思います。

FP、特にFP2級、3級は資産計画に関する基礎の基礎を知っている程度と思った方が良いです。

えびしゅー
えびしゅー

FP1級は見たことがないのでわかりません💦

2級でも、資格取得後も実務を通して経験を積んでいる人の知識量は凄いと思います。(そういう人が1級に挑戦するんでしょうね・・・)

FP2級の知識を土台にして、自分で更に学習し、実践することで単なる薄っぺらい知識が、生きた知恵に変わっていくのだと思います。

えびしゅー
えびしゅー

FPはお金に詳しくなるキッカケだと思っていただいた方がいいと思います!

まとめ

いかがだったでしょうか?

つらつらと書きましたが、FPの知識は実生活で使えます!!

えびしゅー
えびしゅー

知識を実生活に活かそうという意識は必要ですよ!

上手く活用できれば、保険、税金、住宅費などの支出を減らし、資産運用などで収入を増やすことにつながるので、費用対効果もいいと思います。

特に今後、長い人生となる若い世代の方は知っておくことのメリットは大きいですね!

特に3級なら書店に置いてあるテキストで十分!是非、一度手に取ってみることをオススメします!

えびしゅー
えびしゅー

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました