イライラ、注意力散漫、やる気がでない・・・その症状、運動が解決します。

健康

こんにちは、脳筋トレーニーのえびしゅ~まいです。

梅雨でじめじめ、イライラしやすい時期が近付きつつありますね。

そうでなくても、年がら年中イライラしたり、注意力が散漫になったり、やる気が出ない方も多いのではないでしょうか?

今日はそんな問題を、脳筋らしく、運動で解決するというお話です。

参考文献は「脳を鍛えるには運動しかない」(著:ジョンJレイティ)です。

イライラ、ソワソワ、やる気が出ない ADHD?

その可能性もないとは言い切れない。(ぺこ〇風)

ですが、情報過多の現代社会においては、普通の人でも脳みそのキャパ超えちゃって、上記のような症状が出やすいとのこと。

脳みそは1万年前とほとんど変わらない原人レベル(←戻りすぎ??)ないのに、周りが変わりすぎてついていけないのです。誰にでも起こりうることですね。

昔、ハドソンからGB原人ってゲームが出てましたね。脳みそはあのレベルよりはまだましなんでしょうけど。。。。。

ADHDの症状

イライラ等の改善方法を知りたい方は、ここは読み飛ばしてOKです。

症状

症状は千差万別のようです。

特徴的なところとして、重要でないところに注意を向けられない。衝動的。多動性。

例えば、椅子にじっと座れない、手遊びをする、周囲にちょっかいを出す、相手の話を聞かない、聞かなくてもわかってる的な反応をする、すぐ怒る、仕事に取り掛かるのが苦痛、睡眠に問題がある、車の運転中にかっとなる、という具合。

長所

活動的であり、スポーツ等で良い成績をおさめることもある。

どれくらいの人が発症するの?大人になれば治る?

ミネソタ州のあるクリニックの調査結果では19歳の7.4%にADHD症状がみられたようです。別の研究では大人になると40%が治り、残りも改善が見られたとのこと。脳の衝動を抑える部分が20代前半で完成するからみたいです。

【大事】効果的な運動は?

自分で思考錯誤するのが大事

効果が出る仕組み(ADHDの原因、運動するとどんな伝達物質が脳のどの部分に影響するのか、運動の強度と伝達物質の量etc)がわかれば自ら解決策を見つけられる。

と筆者は語る。

が、内容が濃く、注意力散漫な僕には読み切れないので、、、、結論を読んじゃおう!

効果的運動の例

毎日、最低でも週5日の頻度で

 女子なら最大心拍数の65~75%(継続時間不明)

 男子なら最大心拍数の90%(継続時間不明)

 大人は最大心拍数の75% となる運動を20~30分続けるのが良い。

 最低限度は有酸素運動(ウォーキング等)を20分~30分

というのが筆者の回答。

また、武術や体操などの複雑で集中力が求められる運動が良いとのこと。

ただし、いきなり高負荷のトレーニングをすると体を壊すので、運動経験のない方は、まずはウォーキングからスタートすることを筆者はオススメしています。

感想

本書の第6章、第10章から要点のみをかいつまんで紹介しました。

本書には、具体的な事例、研究データも多数紹介されており、興味がある方は一読の価値があるかと思います。

僕は、筋肉をつけたいので、ここのところ有酸素運動は避けていたのですが、

何かにつけて腰が重く感じていたので、20分間のウォーキングを取り入れてみようかなと思います。(ウォーキングは筋肉の分解が少ないと、何かで見ました)

ボディメイクの経過も公開しているので、良ければ見てみてください。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
また見に来てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました