あなたは貯金派?それとも投資派? 後編(結論)

投資

こんばんは、脳筋投資家えびしゅーまいです。

皆さんは貯金派ですか?投資派ですか?

前段では、私の貯金&投資遍歴を紹介しました。

 前編はこちら→https://tokudy.com/invest-saving-1/

投資1年10ヶ月の現状は

投資額1350万、利益100万

余り冴えないです💦

貯金は僅かな生活資金を残して、ほぼありません。

そんな状況ですが、僕は不動産投資をして良かった、これからも続けようと思っています。

投資する理由

金銭的リターンが得られ、それは膨らんでいく

小学生の頃から社会人10数年まで消費と貯金を繰り返してきました。

その間、「貯金じゃ金は増えない」ことを身をもって体験しました。

また、子供の頃のお手伝いや大学のバイト、今の仕事を通して「労働収入には限界がある」ことも理解しました。

仕事量を増やせば、収入も増えるでしょうがそれでは意味がありません。

お金にお金を呼んできてもらう

そんな仕組みが世の中にあるならば使わない手はないと考えています。

子供のころに歩合給までではなくて、投資まで教えて欲しかったなあ。

自分の成長につながる

全てプロに任せます!僕はお金を出すだけです!

そんなスタンスで成功できるでしょうか?

悪意ある不動産屋なら、一時的に成功させて、最後に全て持っていくこともあるのではないでしょうか?

善意の不動産屋でも、失敗はあるでしょう。その時、無知なあなたは納得できますか?

自分の人生を丸投げするような人は、それ相応の扱いを受けると思ってます。

僕は勉強すべきだと思います。

そして勉強するから、不動産屋、建築屋、銀行員と話ができます。しっかり話をした結果、失敗したならば納得もできるし、更なる成長にもつながります。

投資はすべき、でも、その前にやることが

自己投資と貯金です。

先に「自己投資」しないと資金を溶かします

楽して儲けようなんて都合が良すぎる

不動産投資に限ったことではありませんが、自己投資して投資対象に関してある程度詳しくならないとカモられます。

不動産なら

不動産屋は不動産のプロですが、そのプロはただその物件を売りたいのです。

それが不動産屋の収入だから。

あなたが儲けるかどうかは二の次です。

あなたが上客なら肩入れしてくれるかもしれません。上客(=金をもっている)のうちは。

知識をつけて、質問力を上げて、しっかりと物件を見極めないといつか訳もわからないままに大損します。

FXとかでも

「このソフトをインストールすればパソコンから指示音と矢印が出ます。矢印が上なら買い。下なら売り。これで必ず勝てる!」的なやつありますよね。

売買の参考にするのはまだ良いでしょう。しかし、それに頼り切ってしまうのは危険です。

なぜ、必ず勝てるといえるのか?実績は本当なのか?判断に使われている要素は?

「専門家ではないんだし、考えだしたらきりがない。とりあえず信じて買おう」

こういう人も多いのではないでしょうか。思考停止、そこが狙われるのだと思います。

逆もまた然り

逆に、しっかりと理由をつけて交渉すれば、大きな値下げに繋がります。

僕もまだまだ初心者ですが、一件目の物件購入で100万の値下げができました。

路線価、急傾斜地危険区域、築年数、設備の状況、近隣不動産の賃貸価格、リフォームにかかる費用、解体費用などなどを調べ、交渉しました。

最近購入した土地も、おそらくプラス100万くらいで買い手がつくと思います。

自己投資は、費用対効果が抜群です。

貯金がないとスタートが大変

FXなど少額からスタートできる投資もありますが、やはり種銭は必要です。

不動産投資をするにあたって、貯金がある程度あることはメリットが多かったと思います。

キャッシュで物件を購入できる=スピードが速い

アパート建築の時に思いましたが、銀行から融資を受けるのは結構手間です。(属性よかったら楽に借りれるかもしれませが、、、)

一件目の購入の際、銀行から借りようとしたら更に苦戦したのではないでしょうか。

実績なし、不動産知識なし、コネなしでは信用レベルが低いです。

時間がかかり、めんどくさくなって購入にすら辿り着けなかったかもしれません。

不動産屋さんからの扱いが良い

不動産屋さんを回っている時、投資に使える額を聞かれました。

ある程度ならキャッシュで買えるよ!

というメッセージは、かなり、不動産屋さんの心証を良くすると感じました。

僕が不動産投資を始めたのは、スル○銀行の事件とか不動産投資加熱への警戒とかあって、銀行の融資が引き締められてきた時期でした。

物件案内しても、結構融資が取れずに購入まで至らないケースが多かったのでしょう。

売れなければ、不動産屋さんからしたら無駄足です。

一方、キャッシュで購入できるなら、売買が成立する可能性がグッと高くなります。

キャッシュがあるからか、不動産屋さんから情報をいただけることもあります。

銀行から借りやすい

アパート建築の時のことです。

当初、フルローンでお願いしていました。

しかし、銀行からの回答は

「土地代と諸費用を自己資金から出すならば、融資する」

でした。更に

「そもそも、土地の購入に対する融資は、基本的にやっていない。」

とのことでした。

もし、土地代相当の自己資金がなければ門前払いだったかもしれません。

貯金(=資金)には余裕を

何回か失敗することも考え、ある程度資金に余裕をもっておくと良いと思います。

そのためにもいきなり何千万もするような投資をするのではなく、身の丈にあった少額の投資からやって、知識と経験を身に着けていくことが大事だと思います。

結論

投資はお金と自己成長をもたらします。(今のところ利益の少ない僕が言うのもなんですが)

是非、ノーリスクの貯金にあぐらをかかず、挑戦してみてはいかがでしょうか!?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
本ブログでは、投資・資産運用の状況も公開しています。
明日もまた見に来てくださいねー

 前編はこちら→https://tokudy.com/invest-saving-1/

コメント

  1. […] こんばんわ。脳筋ビギナー投資家えびしゅーまいです。コロナショックで不動産投資についてもいろいろなご意見が出ていますね。かくいう僕も不動産投資を2年前からやっておりまして、地方の観光地に戸建2件を運営しています。そんな事情もありまして、不動… 【目指せ夏ボディ】バキバキまでの軌跡 2週目 あなたは貯金派?それとも投資派? 後編(結論) […]

タイトルとURLをコピーしました