【Withコロナの不動産投資】アパート建てるの辞めました

投資

こんにちは、脳筋投資家のえびしゅーまいです。

コロナが収束に向かっているなか、第2波・第3波の予想が早くも出ており、いまだなお予断を許さない状況が続いていますね。

新しい生活様式が一般的になるのでしょうか?都心から人は出ていくのでしょうか?

それとも「喉元過ぎれば熱さを忘れる」でかつての生活様式に戻るのでしょうか?

僕は、生活様式には変化があると考えています。結婚したり、家族が増えたり、仕事がリモート環境が整ったり、転機があれば地方へ人が動くこともあるでしょう。

しかし、僕の住んでいる田舎への人の流入は限定的だと予想しています。

僕の今後の不動産状況の予想、詳しくはこちら→https://tokudy.com/invest-realestate/

さまざまな予想があり、不動産投資も悩みが尽きないですよね?💦

「退くも勇気」ということを伝えたいと思い、記事を書きました。

2019年9月 アパートによさげな土地を見つけました

そこから!!?

と思われましたね。

では、時をとばそう!!

2020年2月 土地買いました

建築屋さんと建物の設計を進め、見積もりをいただき、銀行からのアパート建設の融資をいただけることになり、土地を買いました

アパート投資は初めてです。

なので、まずは小さいアパートを建てることにしました。

土地も数百万です。すべて自己資金で払いました。貯金が大きく目減りした・・・。

ただ、長い目で見たらそれなりの利益を上げられる、今は耐え時だと期待に胸を膨らませていました。

コロナショック拡大!!

2月以降、日に日にコロナショックが拡大、経済への影響も懸念されはじめました。

経済活動が鈍化したら、賃金も下がり、家賃設定も低くならざるを得ないかな・・・

一抹の不安が芽生えます。

まさかの建築費用増額!!

建築確認用の図面を引いた後、まさかの建築費増額の知らせが!

当初の額から+30%ほどの増額です。

このご時世、家賃あげられるのだろうか。いや、無理だろ。

図面制作費用30万円も痛い💦全体から見ると少額ですが、僕の給料と比較すると無視できない・・・。

コロナの動向を静観

緊急事態宣言が全国に出されたり、コロナの影響で倒産した老舗旅館がでたり、個人に対する給付が決まったり。日本もあたふたですが、アメリカも失業が増えているとか。

僕の住んでいるところは、観光地を売りにしている田舎です。旅行客の減少は地域の経済に即打撃でしょう。

GWはステイホームになり、観光客を全く見ない状況。

次の観光シーズンは夏休みですが、学校が休みになるかさえ怪しい。

その次は年末年始?それまでもつのかな・・・

考えて出た結論に、気持ちがついていかない・・・

ハイパーインフレが起こるという話もあります。ハイパーインフレ下では「紙幣より物」といいますが、僕はインフレ論には懐疑的です。

もはや、今、アパートを建設する理由はどこにもない

なのに、銀行・建築屋さんに「建築について見送ります」の連絡ができない・・・。

今までつぎ込んだ時間、労力、お金、全部が無駄になってしまう

そんな気持ちが、行動にブレーキをかけていました。

行動を起こすまで3週間くらいかかりました。

関係者に連絡、思わぬ反応

GWが終了し、風邪が治り、意を決して関係者に連絡しました。

建築を断念するに至った経緯、考え方をストレートに話しました。

銀行の担当者さんからは

「土地も購入されているのに、苦しい決断だったでしょう。よくご決断されたと思います。今回の融資は残念な結果になりましたが、今後も連携していきましょう」

担当者さんは僕との打ち合わせで多くの時間を使っています。そして成果なし。なのにこんな言葉をかけられるとは予想をしていなかったので、大変驚きましたし、うれしかったです。

細部はうかがえませんでしたが、コロナ関連で銀行も大変だとも言ってました。

今までの行動は無駄ではない

今回のアパート建設未遂事件を通じて、多くの時間、労力、お金を使いました

アパートは建っていません

でも、今は納得できています。

アパートは建てることが目的ではありません

アパートに入居者がきて、利益を上げることが目的です。

目的を見誤ってはいけません。また、目的を達成できない見通しが立ったなら、理性的に行動すべきです。

そして、全てが無駄ということもありません。

建築に関する知識、ローンを組むために必要な書類の作り方を知ることができました。

なにより大きいのは、信頼できる銀行員の知り合いを得ることができたことです。

金銭的価値には換算できないですが、これらも財産といえないでしょうか。

「退くも勇気」です!今は引くべきだと考えている方は、感情に負けず、勇気をもって納得できる決断に踏み切るべきではないでしょうか。

追記

土地は当面は駐車場として貸し出そうと思います。

需要なさそう~

では!

最後まで読んでくださってありがとうございます!
また明日も見に来てくださいね!

コメント

  1. […] アパート建設断念の細部はこちら→https://tokudy.com/realestate-invest-apart/ […]

タイトルとURLをコピーしました