小さな駐車場を作ろう!~看板を作ろう編

投資

こんにちは、脳筋駆け出し投資家のえびしゅ~まいです。

昨日、駐車場の枠をDIYで作ってみました。

駐車場の枠作成編はこちら→

教訓は「道具は準備しよう」でした。拾った石ではだめです。苦笑

今日は、看板の作成を開始しました。

まだ途中ですが、公開してみたいと思います。

駐車区画作り編はこちら→https://tokudy.com/realestate-parking1/

看板の材料:3000円くらい

パネル 600円

カーボン紙 500円

筆 400円

ペンキ赤・黒各500円

マスキングテープ100円

接着剤 500円

筆は 太・中・細の3本セットを買いましたが、 細いやつ1本で良かったです。

マスキングテープはセロハンテープでも良し!

ペンキはもっと写真の物より少量でも全然足ります。今回はアサヒペンの1/12Lを使用

カーボン紙も1枚で足ります。たくさん余ってしまいました・・・

看板作成手順

イラスト・文字を印刷(10分)

プリンターを使って、イラストや文字を印刷します。

レイアウトを整える(5分)

印刷した紙を、パネルの上に並べてバランスを整えます。

パネルにイラスト・文字を写し取る(1時間半)

カーボン紙を使用して、パネルにイラストや文字を写し取ります。

出来上がりがこちら

タイトルは「MSゴシックの太字」、本文は「游ゴシック Light 見出し」を使用しています。

本文を太字にすると、枠を写し取っていくのが地獄になると思い、途中で細字(Light)に変更しました。

ペンキで塗っていく(4時間)

筆を使って塗っていきます。

タイトル部分が完成!!ここまで色塗り2時間!!

次は、もう少し早くできると思います。

次に、本文を書いていきます。

本文を上書き

ここから、作業がさらに細かくなってきます。

もうね、失敗の連続です。

アクシデント1:筆は細い文字に向かない!!

全集中の呼吸、壱の文字・・・「契」!

は~い、見事に線からはみ出しました。筆で同じ太さのまっすぐな線を書くのは至難です。

ネームペンで定規を使って書いたほうがきれいにかけました。

ペンキが500円だったので、予算的にもペンの方が良いでしょう。

ネームペンだと2度書きしないと、塗料のらない場合があるので、少し奮発して良いペンを使うのもいいかもしれません。(どのペンがいいのか、工務店とかに聞けばいいかもです。)

アクシデント2:定規にインクがにじんでしまう

定規の線を引く部分が、平たいものと斜めになっているものがあります。

平たいものはダメです。

紙と定規の接しているところに、ペンのインクが染みこんで、字がにじみます💦

「断」の字がにじんで、消しました。

消毒用アルコールとメラニンスポンジを使いましたが、完全に消すことはできませんでした。

もう一度、「断」をプリントして、カーボン紙で写し取って、書き直しました。

アクシデント3:ペンキの蓋を落とす

うっかり、ペンキの蓋を落としてしまいました。

ペンキの蓋には2つの面があります。

ペンキの付いている面から落ちるか、反対の面から落ちるか。

確率は2分の1。(ペンキの重さが云々、重心が云々という話は知りません)

ハイリスクノーリターンのコイントス状態

結果は、、、、

「なんでやぁ、なんでなんやぁ、カイジはん・・・」

もう終いやぁ・・・、何もかも・・・

まだだ、まだ終わってない!

クレイジーダイヤモンドさえ使えたら!

こんな傷、こんな傷・・・・

誰か、弓と矢で射ってくれ~!

妄想を乗り越え作業続行

ブツブツが止まりません。

「クレイジーダイヤモンドは砕けない。クレイジーダイヤモンドは砕けない。くれいじー・・・」

怒りが原動力になるって本当ですね。

なんとか、本文を上書きできました。かかった時間は2時間

完成

うーん、3つの失敗が非常に目立ちますね。

まあ、伝えたいことは伝わるからいいか。

結果

作業時間は約6時間。

はじめての作業だったり、アクシデントがあったりしました。

次、同じものを作るなら4時間くらいでできると思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
明日もまた、見に来てくださいね~

駐車区画作り編はこちら→https://tokudy.com/realestate-parking1/

コメント

  1. […] 小さな駐車場を作ろう!~看板を作ろう編 2件のビュー […]

  2. […] 看板作り編はこちら→https://tokudy.com/realestate-parking2/ […]

タイトルとURLをコピーしました