筋トレをする時間がない!自炊派トレーニーをサポートする便利家電「食洗器」の効果を検証(オススメ食洗器あり)

筋トレアイテム

こんにちは、脳筋トレーニーのえびしゅーまいです!

突然ですが、トレーニーって自炊派の人も多いですよね?コンビニやスーパーで調理済みの料理を買って食べれば手っ取り早いんですが、レパートリーは限られているし、高たんぱくのものを探そうとするとしっくりくるものはほとんどないんですよね。鯖缶とかモズクパックとかキムチとか、食事のお供的なものは非常によく使わせてもらっているんですが、メインディッシュは自炊が多くなりますね。

何より、自炊の方が圧倒的に安上がりだし!

とはいっても、自炊のデメリットももちろんあります。なんといっても「時間がかかること」。調理するのも時間がかかりますが、食器の片づけもまた時間がかかります。朝、昼、夜の3回、それぞれ10分を食器洗いに使っていたら、一日30分になりますね。筋トレでインターバル5分とったとしたら6セット分ですよ!結構すごくないですか。

俺、食器洗いの時間を筋トレにまわしたらめっちゃ肩幅でかくなったぜ!

うん、聞いたことがない。しかしながら、1日30分はデカい。これを何とかできないか。

ということで、約半年前に食洗器を購入してみたんですが、これがドンピシャ、いい仕事をしてくれています。本記事では、僕の購入した食洗器と購入理由、使用感、実際に筋トレの時間は増えたのかについて紹介したいと思います。

購入した食洗器

今回購入したのはコチラ「Moosooの食洗器」です。(次回の予定なし)

購入理由は3点あります。

給水方式

我が家は賃貸住宅、そしてたま~に転勤があるのでビルトイン方式は不可、水栓をいじるのもちょっと怖いな~という事情がありました。なのでタンク方式に限定。タンク式にも上から給水するタイプやタンクを取り出して給水するタイプもありますが、いずれにしても持ち上げなければならないので「こぼしたときやだな~。」という理由で却下。下から給水できる、こぼしてもダメージの小さいこの形に落ち着きました。

「おいおいエビちゃん!トレーニングの一環として上から給水しろよ。」というツッコミありそうですね。安心してください、5kgやそこらでは負荷にもなりませんから。(フロントレイズ除く)

サイズ

我が家の台所は狭い。いわゆる「公団型」の台所である。そこにはまるサイズでなくてはならない。Moosooのサイズは幅450mm、奥行413mm、高さ490mm。公団型の台所の奥行が550mmなのでちょうど収まるサイズである。

容量

我が家は5人家族。5人分を一度に洗えるサイズは台所に入らないので、ここは我慢ポイント。使い方で時短を目指そう。

洗浄能力

なるべく強力なのがいいが、これは他社との比較がなかなか難しい。ここは商品紹介と口コミを信じることにする。もし、思ったより洗浄能力が低かったら、下すすぎを少ししっかり目にすればいいかなとも思った。

実際に使ってみて

給水方式

下から給水方式は大正解だった。この商品を購入して一番良かったと思ったのはこの給水方式かもしれない。蛇口からちょうど水が注げるので、わざわざバケツなどで水を運ぶ手間がいらないし、蛇口を分岐させたり、ホースでつないだりという手間もない。こぼす心配もない。これは非常に良かった。

サイズ

台所の奥行が食洗器の幅よりやや広いので、100均の伸縮ポールで橋渡しをしてあげるとピッタリ収まる。がたつきがあったので、発砲スチロール製のブロックを緩衝材として使用することでがたつきを防止。

容量

やっぱりというか、予想通り足りなかった。というか、フライパンやら鍋やら大物があるので、多少デカい食洗器を購入したところで、はみ出し者は必ず発生したことだろう。逆にこの鍋やフライパンをうまく活用することで、入らなかった食器を素早く洗うことができる発見ができた。

ちょっと話がまとまらないが、結論「5人家族だけど、これで十分。いい仕事してくれている」ということである。

洗浄能力

良い。非常に良い。僕の使い方としては、下洗いで食器にこびりついた固形物(米とか、カレーのルーとか、卵の黄身とか)を洗い落として(一皿2秒!)食洗器にぶち込んでいるので、手間が少しかかってはいる。その手間があってか、洗い上がりはピカピカで洗い直しはしていない。

筋トレの時間は増えたのか

商品レビューが長くなってしまいました。確認させていただきますと、僕のブログは筋肉ブログであり、白物家電紹介ブログではないのであしからずです。では、この家電によって、僕の筋肉育成環境は改善されたのか。半年を振り返った感想がこちらです。

自由な時間は増えた

これまで一つ一つ洗っていた食器を、簡単にすすいで機械にぶち込んでスイッチを押すだけになったので、1回10分くらい時間が短縮されたのではないかと思います。1日30分、1年なら30分×365日=約1万分ですね。費用対効果のいい投資じゃないかと思います。

では、お目当ての筋トレ時間は増えたのかといいますと・・・・

筋トレの時間は増えなかった

自由な時間は増えましたが、増えた自由な時間が全て筋トレに向かうことはありませんでした。朝10分の短縮、昼10分の短縮、夜10分の短縮ということで、まとまって30分浮いたわけではないのが原因だと思います。

とは言っても、家事を機械にぶん投げることができるので非常に便利です。子供とカードゲームをしたり、YOUTUBEで健康系の書評紹介動画を観たり、10分×3セットあると日常生活にゆとりがでますね。これまで、夜寝る前に見ていた動画を昼間に観ることができれば、夜の睡眠の質と量が改善され、筋肉の健やかな成長にも貢献してくれるはずです。(そう信じています)

ああ、「食洗器に食器洗い任せたら、肩幅でかくなったぜ!」って言いたかったなあ・・・。ちょっと無理だなあ。

えびしゅー
えびしゅー

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました